糖尿病入門


なるべくやさしく述べるつもりですが、分からない事があったらどしどしメールで質問してください。

少しずつ書いていきますので是非読み続けてください。

 厚生省の調査によると、医療機関で治療を受けている糖尿病の患者さんは、国内で約250万人います。ところが最近の調査では、糖尿病の患者数は約740万と推定されています。この数字の差から、糖尿病であることに気付かないでいる人や、あるいは気付いていても治療をしないでいる人がいかに多いかがわかります。伊那市で毎年行われているすこやか検診では糖尿病の疑いのある人が毎年7〜800人前後います。

 糖尿病は自覚症状が少ないためにこのような状況となっているのですが、治療しないでいると、やがて全身にさまざまな障害を起こすのがこの病気の特徴であり、恐ろしい点です。

 糖尿病は加齢や日常の生活習慣が誘因となって発病するため、「生活習慣病」の1つといわれています。そして、糖尿病の患者数は年々増え続けています。その理由は、現代社会そのものが糖尿病を増やす生活習慣を生みやすい構造にあるからです。食べすぎ、運動不足、ストレス、アルコールの飲みすぎなど、どれをとっても現在増え続けている事柄で、外食産業の隆盛や自動車社会の繁栄、肥満の増加、ストレス社会など、糖尿病を招きやすい条件はたくさんそろっています。たとえば自動車の台数と糖尿病の患者数が見事に比例しています。

 また、これらの生活習慣にかかわる誘因とともに、糖尿病の発病には遺伝的な素因も深く関係しているため、家族や親戚に糖尿病の人がいる場合にはとくに注意が必要です。

 なお、加齢や生活習慣とは関係なく発病するタイプの糖尿病もあります。これらについては後日また書きます。

糖尿病の主役はインスリンです。
 糖尿病の鍵はすべてインスリンが握っています。インスリンは膵臓で作り出されるホルモンで、細胞が血液の中からブドウ糖を取り込んでエネルギーとして利用するのを助ける働きをしています。インスリンの作用が不足すると、ブドウ糖を利用できなくなり、血液中のブドウ糖濃度(これを血糖値といいます)が高くなります。これを高血糖といい、この状態が継続するのが糖尿病です。インスリンの作用不足には、膵臓のインスリンを作り出す(インスリン分泌)能力が低下してしまうことと、能力が十分でもインスリンに対する細胞の感受性が悪くなることの2つの原因があります。

糖尿病の準主役はブドウ糖です。
 私たちは、食べ物を消化・吸収することで、生命を維持し活動するためのエネルギーを得ています。食物中の栄養素には、糖質、脂質、たんぱく質があり三大栄養素と呼ばれていますが、エネルギー源として最もよく使われるのが糖質です。糖質は、消化・吸収されブドウ糖となって肝臓へ送られます。そのうちの一部は脳や筋肉で利用され、残りのブドウ糖は肝臓内にグリコーゲンして蓄えられます。さらに余った分は脂肪になります。余り過ぎると肥満になります。身体活動で血液中のブドウ糖を消費すると、グリコーゲンが分解されて再びブドウ糖となって血液中に放出されます。このようにして、活動のためのエネルギーが常に維持され、血糖値は一定の範囲内の変動におさまっているのです。

一病息災の代表が糖尿病です。
 無病息災という言葉がありますが、老人人口が増えてきており、一方現代病が多くなってほとんどの人が身体に何らかの弱いところを持っています。自分の一番弱いところ、病気を管理していくことが健康で長生きするコツです。
 糖尿病による高血糖状態も、きちんとした医師の指導を受け治療を守れば、確実によくすることができます。しかし、インスリンの作用が不足している状態は、加齢や長年の生活習慣の結果として起きたものですので、多くの場合なかなか元に戻すことはできません。つまり、治療によって一時的に血糖値が下がったとしても、治療を続け生活を正していなければ、血糖値はすぐまた高くなってしまうということです。
 血糖値を下げてできるだけ健康な人と同じくらいに保とうとすることを、「血糖を コントロールする」といいます。糖尿病の人も血糖コントロールを続けていけば、高血糖によって起こるさまざまな病気(合併症)を防ぐことができます。寿命も健康な人と変わりません。
 しかし血糖コントロールを守らないと、合併症は知らず知らずのうちに進行します。そして合併症は一度発症してしまうと一般に治療は難しく、進行を抑えることが 治療の主な目的となってしまいます。気付いたときにはもう取り返しのつかない状態になっていた、という患者さんは少なくありません。
 一生油断は許されないという意味で、糖尿病は「治る」とか「治らない」といった 表現をあまり用いずに、「しっかり治療をしていれば、一生治ったと同じ状態を保つことができる病気」と表現することが多いようです。まさに一病息災と言うわけです。

  「糖尿病は合併症の病気」ともいわれ、患者さんがお困りになる最大の原因は合併症(余病)です。そして糖尿病の症状は気付きにくいのが特徴です。多少血糖値が高いくらいでは全く症状のない人が ほとんどです。しかし、その程度の高血糖でも合併症は着実に発症・進行していきます。「症状がないから大丈夫」ではなく、「症状があれば血糖値はかなり高くなっている」ということです。一病息災で長生きするためにはその病気の本性、つまり症状をまず知らなくてはなりません。そして早期発見、早期コントロールが治療のポイントなのです。

 高血糖がひどくなると初めて次のような症状が出てきます。お腹がすいて食べても食べてもやせてきます。(特に肥満の人は節食の効果だと誤解してしまうことが多いから注意してください)。のどが渇きやすくなり水分を無意識に多く摂るようになります(多飲)。すると当然トイレが近くなり、尿量も多くなります。物がぼやけて見えるようになり中年以降の人は老眼かなと誤解してしまいます。また、体がかゆくなり、できものが出来やすくなります。しかもできものや傷が治りにくくなります。同時に足がつったりします。全身的には体がだるくなり疲れやすくなります。精神的には物事に集中できず、物覚えが悪くなったりします。さらに、血糖値がきわめて高い状態では、昏睡に陥ることがあります(これを糖尿病性昏睡といい致命的な状態です)。

 これらの多くの症状を臓器別にまとめてみると、眼球の網膜が障害される網膜症、腎臓の機能が低下する腎症、神経と血管が侵される神経障害の三つに大別出来ます。これを三大合併症と呼んでいます。この合併症の出現が糖尿病の怖い点なのです。上に述べた症状をまとめながら以下に合併症について説明します。

網膜症
 網膜は目の一番奥にありカメラで言うとフィルムにあたる重要な部分です。ここが侵されるのが網膜症です。糖尿病による網膜症は成人の失明原因の第一位で、年間約 3,000人が糖尿病により失明しています。症状は、視力が落ちる、物がゆがんで見える、目の前にひもや点が見える、視野が欠けるなどですが、高度の視覚障害に至る直前まで症状がないことも少なくありません。

腎症
 腎臓の働きが低下してくると、だるい、疲れる、足がむくむ、貧血になる、吐き気がする、息苦しいなどの症状が現れますが、これらの症状が現れたときには腎機能はかなり低下していて、人工透析を受けないと生命を維持できない状態も近いといえます。年間約1万人が、糖尿病による腎症が原因で人工透析を受け始めていて、人工透析が必要になる原因の第一位を占めています。

神経障害
 全身の神経の働きが鈍り、さまざまな症状が現れます。主な症状は、足先や手先がしびれる、麻痺した感じがする、痛い、足が冷たい・ほてる、力がぬける、インポテンス、生理が狂ってくる、閉経が早い、便秘・下痢になりやすい、たちくらみがする、額や顔に汗をかきやすい、などです。

以上が三大合併症ですが、ふつう糖尿病になってから5−6年で神経障害が、7−10年で網膜症が、15年程度で腎症が出現します。

その他の合併症
 糖尿病の患者さんは動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞になりやすいことも知られています。その他、足の壊疽も合併症の一つで、足を切断しなければならないこともあります。また、動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞の危険性も高くなり、感染症にもかかりやすくなります。そのほか歯や歯周病になりやすいなど、糖尿病は全身の至るところに影響を及ぼします。

 このように糖尿病は治療せずに放置すると大変恐ろしい病気ですが、前に述べたように、しっかり治療し糖尿病状態を良好にコントロールすれば、糖尿病でない人と同じ健康な生活がおくれます。是非、一病息災の精神で頑張りましょう。

 新たに以下のように基準が改定されました。
糖尿病の新しい診断基準(1999年、日本糖尿病学会)
 糖尿病かどうかは、慢性的に高血糖状態にあるかどうかを、血糖検査で確認することで診断されます。血糖値は食前か食後か、ストレスのある状況か否かなどによって絶えず変化しています。このため一回の検査でははっきりと診断できませんので、確定診断には別の日にもう一度検査を受ける必要があります。
 最初の検査で次の三つのいずれかに該当すれば、その時点の血糖レベルは「糖尿病型」と判定されます。2回目の検査でもやはり「糖尿病型」と確認された場合、「糖尿病」と確定診断されます。ただし、糖尿病の特徴的な症状(のどの渇きや多飲・多尿、体重減少など)があり、ヘモグロビンA1Cが 6.5パーセント以上の場合や網膜症が起きている場合は、1回の検査で「糖尿病型」と判定されれば、2回目の検査を受けなくても糖尿病と診断されます。


「糖尿病型」と判定される検査結果
(1) 随時血糖値が 200mg/dL 以上
(2) 空腹時血糖値が 126mg/dL 以上
(3) 75g ブドウ糖負荷試験で2時間値が 200mg/dL 以上

戻る
戻る